前を見ている人達

電話をかける手

リスクの説明が必要

売却しようとしているマンションについて、何かしらのトラブル前歴がある場合は、そのリスクについて買主に説明する義務があります。それを怠った場合、後々のトラブルに繋がる可能性が高まるため、正直に伝えるほうが良いです。

コールセンターの女性とパソコン

査定に出す

マンションを売却するときには、査定に出す必要があります。査定に出す前には、その地域の物件の販売価格の相場を知るといいでしょう。査定はネットから簡易的に行うことも出来ます。

さまざま資料

競売物件の魅力

物件の購入を検討している人は、競売物件も確認してみましょう。通常の市場よりも割安で購入できる可能性があります。住宅の買い物というのは、一生に一度あるかないかの大きな買い物となります。

指を出すビジネスウーマン

交換の期限

木材利用ポイントは、さまざまな商品と交換をすることが出来ます。その魅力はとても大きなものでしょう。しかし交換期限があるので、その期限を過ぎないよに注意が必要です。

ガッツポーズと空

お互いの利害関係

書類を持つビジネスマン

売れそうで売れないのはなぜか

マンションを売却する場合、売主としての希望はできるだけ短期間で、しかも高値で売りたいということを考えるのではないでしょうか。 しかし、現実には両方を満たす買主を見つけることはかなり難しいのです。 マンションを売却する時に、どちらかの条件に絞らないと最悪の場合、売れるまでに時間がかかり、しかも希望価格のずっと下の価格でしか買い手が見つからなかったというどちらの条件も満たさずに終わる場合があります。では、なぜこのようなことが起こるのでしょうか。 考えられる理由の一つに売値が高すぎるということが挙げられます。度の売主でも自分の売る物件なら間違いないと思っているはずです。それゆえ、適正価格よりも高めに設定をしてしまい、いつまでたっても売れないのです。

売主と買主の考え方のズレ

また、売主と買主の考え方のズレも考えられます。例えば、自分が売りたい物件が駅から徒歩3分で、繁華街だったとします。これなら良い条件だからきっと売れるに違いないと考える売主もいるのですが、現実はなかなか売れないことが多いようです。確かに駅から近いという条件はマンションを売却する上で重要なことかもしれません。しかしながら、いくら駅から近くてもわざわざ繁華街を選びたいという人は少ないのです。 また、デザイナーズマンションだからきっと高く売却できるはずだと思う人もいます。確かにデザイナーズマンションは人気があります。ですが、誰もが変わったデザインのマンションに住みたいと思うわけではないのです。むしろ一部のファンがそういったマンションを求めているだけなのです。